×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35金利比較ガイド



フラット35金利比較ガイド


 フラット35金利比較ガイドは、マイホームを取得する際に利用するフラット35に関する住宅ローン情報をコラム形式でわかりやすく解説しているサイトです。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。
スポンサードリンク
住宅ローンとフラット35T
フラット35(買取型)とは?
フラット35(買取型)の融資期間などの要件は?
フラット35(買取型)のメリットは?
手数料が高くても金利が低い方が有利?
住宅ローン契約時の必要書類は?
フラット35(買取型)を利用できる人は?
フラット35(買取型)の担保・保証人・保険は?
フラット35(買取型)のデメリットは?
住宅ローン申込時の必要書類は?
フラット35(保証型)とは?

フラット35(保証型)の頭金と収入基準
買取型と保証型の共通要件
フラット35と財形融資の併用
証券化ローンと顧客の利点
フラット35のメリット・デメリット
買取型と保証型どちらが有利?
買取型と保証型の異なる要件
証券化ローンとは?
フラット35の特徴
民間ローンとの相違点は?

フラット35の対象になる住宅は?
モーゲージバンクとは?
金融機関によって金利が異なる理由は?
フラット35の技術基準とは?
公庫が廃止されたときのつみたてくんは?
フラット35と大手銀行のローンで有利なのは?
公庫融資との相違点は?
物件検査とは?
中古住宅の技術基準は?
住宅金融公庫が住宅金融支援機構になったら…
住宅ローンの基礎知識
夫婦間の大型特例とは?
共有名義の持ち分比率は?
賃貸と持家の相違(構造・広さ・設備)は?
賃貸と持家、資産形成では?
耐震強度偽装再発防止の法律は?
共有名義のメリット
賃貸と持家の質は?
賃貸と持家の相違(共用施設・管理・自由度)は?
賃貸と持ち家の維持費は?
マンションのモデルルームで確認するところは?
不動産用語の基礎知識
高規格住宅とは?
工業団地造成事業とは?
成年被後見人の法律行為は?
公告の開始時期の制限とは?
公示の原則と公信の原則とは?
高規格住宅の種類は?
後見とは?
後見開始の審判
公庫融資とは?
公的融資とは?

従業者証明書とは?
従業者名簿とは?
終身建物賃貸借とは?
住宅品質確保法とは?
住宅品質確保法の住宅性能評価とは?
従業者証明書の携帯義務とは?
従業者名簿の電子計算機への記録は?
住宅地区改良区による制限とは?
住宅品質確保法の内容は?
住宅紛争処理センターとは?

即決和解とは?
宅地造成工事規制区域とは?
宅地並み課税とは?
建付地とは?
建物買取請求権の代金額は?
耐震構造とは?
宅地造成等規制法とは?
立退料とは?
建物買取請求権とは?
撓み(たわみ)とは?

東証の上場基準とは?
道路位置の指定とは?
不動産登記の登録免許税の課税標準は?
特別用途地区とは?
都市施設とは?
東証の上場基準の内容は?
登録免許税とは?
ドーマー窓とは?
特例容積率適用区域とは?
土石流とは?

PERとは?
ビークルとは?
PBRとは?
被災市街地復興特別措置法の内容は?
必要な表示事項の内容は?
PFIとは?
ビークルの仕組みは?
被災市街地復興特別措置法とは?
必要な表示事項とは?
不動産の表示に関する公正競争規約で定める広告媒体とは?

マンション学会とは?
マンション管理業者の団体とは?
マンション管理士の資格試験は?
マンション診断保全センターとは?
マンション建替組合とは?
マンション管理業とは?
マンション管理士とは?
マンション管理適正化推進センターとは?
マンション診断保全センターの修繕計画とは?
マンションの管理の適正化の推進に関する法律とは?
住宅ローン便利サイトT
住宅ローン控除入門その1
住宅ローン控除入門その2
住宅ローン控除入門その3
住宅ローン控除情報館その1
住宅ローン控除情報館その2
住宅ローン控除情報館その3
住宅ローン控除情報ナビその1
住宅ローン控除情報ナビその2
フラット35早分かりガイド!
住宅ローン控除情報ナビその3
住宅ローン便利サイトU
住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
新着トピックス
フラット35のメリットとデメリット
▽フメリットは?
●最長35年の全期間固定金利
借入れした時点で返済終了までの総返済額が確定しますので、将来の金利上昇があっても安心です...
●全国一律100万円〜8,000万円までの融資
年収に関係なく、融資額は全国一律100万円から最高8,000万円、融資率は80%まで...
●保証人や保証料が不要
証券化ローンなので、保証人も保証料も不要です。また、繰上返済については100万円以上になりますが、手数料は不要で、抵当権設定の登録免許税も非課税に...
●住宅の質の確保
融資対象の物件は、耐久性や耐震性などの基準を満たしたものとなっていることから、中古住宅も含めて住宅について一定の質が確保...
▽デメリットは?
●毎月の返済額が高い
短期固定ローンの金利に比較すると毎月の返済額が当初は高めに...
●金利が変化しないと不利
長期固定金利型の場合、将来金利が上昇するときには有利になるのですが、金利があまり変化しない場合には当初の金利が高い分不利に...
●頭金が20%必要
融資金額の限度は、建設費用や購入価格の80%までとなっているので...
●物件検査が必要
融資対象物件は、公庫の技術水準を満たす必要があるため、物件検査をしなければならず手間が...
免責
フラット35金利比較ガイドで提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 フラット35金利比較ガイド All Rights Reserved